kyohei 1989

興味は、ヒトとモトとデジタルとちょっとしたエロ

I hope you like my tumblr!

twitter:http://twitter.com/kyohei1989

天才やエリートって変わった人が多い。だからって嫌ったりしても仕方ない。人にない才能持ってんだからちょっと普通じゃないところある。日本人は”いい人”求め過ぎ。”いい人”は毒にも薬にもならないことが多い。たいていの場合、才能がないから”いい人”なんだ

— Twitter / kotarotamura: 天才やエリートって変わった人が多い。だからって嫌ったりしても仕方ない。人にない才能持ってんだからちょっと普通じゃないところある。日本人は”いい人”求め過ぎ。”いい人”は毒にも薬にもならないことが多い。たいていの場合、才能がないから”いい人”なんだ (via plasticdreams)

この話何度も書いてるけど、高校生の頃母と浴衣選びにいっておばちゃん店員と母が「身長があるから大振りの柄」とか選んでくれてたんだけど、2人が離れた隙におじちゃん店員が「お母さんらは色々言うけど、あんたが好きなものにしなさい、必ずおじちゃんが可愛くする」と言ってくれマジ惚れそうだった

— https://mobile.twitter.com/s162/status/491806412381511680

支配したいという欲求を胸に秘めた親にとって、子どもの「わがまま」は恰好の口実になる。「躾」の名の下に堂々と権力を振るえるから。言葉は権力を持つ者が定義するので、子どもにとって理由のある行動を「わがまま」と、親による暴力を「躾」と、親自身が定義できる。その構造に敏感でありたい。

— Twitter / tanji_y (via shingi)

・年取ってからどんな美味しい物食べても体がポンコツだと不味い。若いうちに美味しい物を一杯食べておけ
・一番に出世したかったら、その時一番できる奴のマネをしろ。楽に仕事したかったら、社内の女全員に押し倒してもOK貰える所まで尽くせ。
・30年前に1年一緒に働いただけでも、一緒に働いた縁は仕事を生む。
・合わない奴とは付き合うな。最初合わなかったら年を取るにつれもっと合わなくなる。
・徹夜ができるのは55まで、残業ができるのは60まで。
・仕事はその場しのぎの繰り返し

— おれが部長から受けた説教 - 2chコピペ保存道場 (via darylfranz)

仕事を手伝ってくれる誰かを探している人をよく見かけます。技術面に強い共同経営者や、有能な社員、彼らについて記事を書いてくれる人を探している人などです。


俳優のマット・デイモンは、主人公の役柄を与えてくれるプロデューサーを探すかわりに、自分自身がプロデューサーになるという選択をしました。今になって考えれば、このアプローチは正しいと気づきました。


例えば、技術面に強い共同経営者を探しているけど、上手く進まずに行き詰まっている営業畑の人だったとします。技術面に強い共同経営者を探す代わりに、自分が技術面の強い共同創業者になりましょう。


必要な技術が学べる授業やカンファレンスやミートアップに出席するのです。技術者が読むのと同じブログを読み、フォーラムを使ってください。技術に強い共同経営者ならそうするだろうと思うことをするのです。これをする課程で、自然と技術面に強い人が多く集まる会社や環境に身を置くことになるでしょう。

— 理想の人材を見つけるなら、まず自分がその人材になってみる | ライフハッカー[日本版] (via darylfranz)

水からトウモロコシを入れて、沸騰してから3分茹でる。
火を止め、辛いくらいの塩を入れて4分絡める。
ざるに上げたら、ラップですぐ包む。
注意 皮は茹でる直前に剥く。ラップで包む時は、火傷に注意。


うちでも試してみましたが、これはもう今まで僕は何をしていたんだろうと思うほどの出来上がり。トウモロコシの本気が味わえること間違いなしです。

— 

今まではなんだったんだ…と思うくらいおいしくトウモロコシをゆでる方法|blogs.com|おもしろブログ記事のまとめサイト (via yellowblog) (via sasanoha) (via twinleaves) (via soulboy) (via etecoo) (via kml) (via iyoupapa) (via otsune) (via longroof) (via uessai-text) (via srgn)
2010-07-17 (via gkojay) (via stagger) (via xlheads

)

(via andi-b) (via wingknights) (via shimamashi)

親父の昔の部下が、転勤して行った先で自殺したらしい。

親父のもとにいた時からコミュニケーションが

上手くとれなくて職場でいろいろ苦労したらしい。

「薬を飲み続けてれば本当に自殺しなかったのか?」

とか聞かれた。わからないとしかいえなかった。

親父はふつうの公務員で、

仕事のあまり出来るほうじゃなかったその人に、

いろいろ世話をやいてやったらしい。

「愛想は悪くなかったが、気分の上がり下がりがあった」という。

仕事は一緒に出来てるから、無理に精神科に

引っ張っていくことはなかったけど、

心配はしていたらしい。

親父が言うには、上司として見ていて、

決して仕事が出来るほうじゃないんだけれど、

本人は「出来る」と見られたがっていたらしい。

すごく最初は愛想が良くて、何でもやろうとするけど、

負荷がかかるとすぐ萎んでしまう。

それに助け舟を出して、親父の部署にいた頃は

グダグダだったけど最後まで仕事は全うできたらしい。

移動した先での評価は「明るくて、頑張ってやれている」

との評価だったらしく、心配要らないといわれて

親父はほっとしていたらしいけど、

「グダグダと」だったその彼を「やれている」と見る上司って

要はちゃんと面倒見てないってことだから、

その彼はきつかったんだろうな、

アクセルを吹かし続けて、限界を超えちゃったんだなと思った。

そんな話を実家で飲みながらしていると、親父が

「能力以上に評価を求めてしまうことが、彼自身を追い詰めてしまったんだな」

とか言い出した。親父なりに、その彼が卑屈にならないように

評価しながら出来る仕事を当ててたらしいけど、

本人が「もっと出来る」といいだして、それを与えると自滅する・・・

だからコミュニケーションがとりにくかったらしい。

彼自身の「こんなもんじゃない。俺はもっと認められるべき」

そんな思いが、彼を追い詰めてたんだろうな・・

家族もわかってなかったし・・・・とか話す。

で、「俺は病気のことはわからんけれども、

こういうのが薬を飲めば治るというのはどうも信じられん。

ほんとに薬で治るのか?」とか言われて参ってしまった。

だから精神科は治癒っていえなくて、軽快というんだけど。

しかし、素人の意見は専門家よりずっと本質を突いていると思う。

— 臨床してて思うこと(精神科) Doctors Blog 医師が発信するブログサイト (via petapeta) (via kml) (via jinakanishi) (via quote-over100notes-jp) (via hepton-rk) (via lidentity) (via snaclip) (via yskz) (via narukish) (via soulboy) (via etecoo)

 グーグルでは社内ミーティングを開催する際に、本当に必要なのかが問われます。単なる情報共有ならばメールでできます。ミーティングは議論するためのものですから、通常のミーティングでは8人程度の出席者が最大です。

 またミーティング時間は25分が基本です。定刻で終わらせるため、全員が全力投球するのが掟(おきて)です。24時間前までに議題が送られ、事前に資料などは目を通していることを理想とします。資料はすべてオンラインで用意されますので、ミーティングで配布物があることはまれです。

 議題と資料は事前にメンバーに提示されているので議論はすぐにトップスピードで交わされ始めます。そして終了時間5分前ごろに、実行しなければならない事項を整理してクロージング(まとめ)に入ります。まとめた結果はミーティング終了後速やかにメールなどで出席者同士で共有します。スピードがグーグルの命ですが、ミーティング一つとっても素早いテンポで進めることに強いこだわりがあります。

— http://www.nikkei.com/article/DGXBZO67482710X20C14A2000000/ (via jsato)

Older →