kyohei 1989

興味は、ヒトとモトとデジタルとちょっとしたエロ

I hope you like my tumblr!

twitter:http://twitter.com/kyohei1989

得られるお金と仕事の質は比例しないということが分かっていながらも、仕事の質を最高のものにしようとする人がプロフェッショナルなのだろう。そうせざるを得ない衝動のようなものが、人間の中にある。適当に済ませるのがイヤだという気持ちがある。これは不思議なことだ。

— 自分の中の「正解」を追い続ける:日経ビジネスオンライン (via motomocomo) (via writerman-js) (via mnak) (via do-nothing) (via konishiroku) (via indivi) (via gkojax-text) (via gkojax) (via grooveconnection)

努力しないで痩せる10の方法を紹介したい。

これで痩せなければ、今の自分の体重は適正体重ということなのかも?


1.食事の前にコップ一杯の水を飲む

喉が渇いていると、余計に空腹を感じるもの。毎回の食事の前にコップ一杯の水を飲むことで、食べ過ぎを防ぐことができる。

2.ビネガーベースのドレッシングを使う

ヘルシーなサラダでも、ドレッシングの選び方次第ではカロリーを余計に摂ってしまうことに。クリーミーなものではなく、フレンチドレッシングのような酢の利いたものがおすすめ。

(ノンオイルドレッシングは化学物質が添加されていることが多いので避けるのがベター。)

3.ドライフルーツよりも生のフルーツ

ドライフルーツはヘルシーかと思えば、水分を飛ばしている分、糖度もカロリーも高め。ダイエット中は生のフルーツをチョイスしたい。

4.デザートにはダークチョコレートを

食後やおやつに甘い物が食べたくなったら、ダークチョコレートを選ぼう。必要以上の砂糖を断つことは、ダイエットだけでなく健康面にもメリットがある。

5.小さな器に盛りつける

不思議なもので、たとえ小さな器だとしても、それを”食べ切る”ことで意外と満足できてしまうもの。

おやつを食べるときも器に盛りつけ、残りはキッチンの棚にしまい込むことで「もうちょっとだけ…」という心理をコントロールしよう。

6.もっと動く!

駅では階段を使う、ランチタイムにはちょっと遠くのお店まで足を伸ばす、一駅手前で降りて歩くなど。ちょっとしたことだが、消費カロリーが増えることには違いない。

7.カロリーのある飲み物を避ける

ソーダのような清涼飲料水はもちろん、フルーツジュースや、ワインなどのアルコールもセーブしたい。ミネラルウォーターに飽きたなら、レモンやキュウリ、ミントを浮かべるなど工夫を。

8.おなかを空かせすぎない

食事と食事を開けすぎて、飢餓状態になってしまうと食べ過ぎになりがち。また、血糖値が下がりすぎてしまうことも。

9.間食には高たんぱくなものを

スナックやクラッカーのような糖質ではなく、高たんぱくで、できれば繊維質の多い物を選びたい。間食は150kcal程度に抑えれば、ダイエット中でもOK。

10.十分な睡眠を取る

睡眠不足だと余計に食べてしまうので、1日7時間はできれば寝たい。きちんと眠るためには、夕飯を早めに、軽くすることもポイント。

— 努力なしに痩せる10の習慣 (via vampirejohnnysun1018)

1.「組織の細分化、階層化をやめる」
マネジャーが増えるということは、ゲームの作り手が一人減るということ。優秀な人間がマネジャーになるほど、アプリの制作力は低下する。

2.「職種別の目標設定をやめる」
プログラマー、企画など職種別に目標を設定すると、自分の担当部分しか見なくなる。評価はまずそのアプリの完成度に注目。その中で自分がどれだけ貢献したかというポイントに変更した。

3.「作業量の見積もりをやめる」
作業する本人が3日間徹夜で仕上げるつもりでも、上司はバッファを見て一週間と報告してくることが多い。どんどん仕事を依頼し、本人が「ここが限界」と自己申告すれば、そこまでにする「ギブアップ申告制」に変更。

4.「スケジュール管理をやめる」
スケジュールありきだと、だれもがクオリティーよりスケジュールを優先してしまう。スケジュール表をまとめただけで仕事をした気になってしまうのも問題。

5.「データ分析をやめる」
過去のデータを分析しても新しいアプリは生まれない。消去法でアプリを作成すると、センスのある人間の意見がつぶされてしまう。

6.「お客様のご意見どおりのアプリ変更はやめる」
お客様のご意見は、あくまでもアプリに問題があるかどうかのバロメーターとする。

7.「メンバーの教育はやめる」
優秀な人間を教育担当にするほどチームの制作力は低下する。

8.「承認はやめる」
「○○さんがいいと言ったので」という甘えを断ち切る。常に危機感のある状況にする。

9.「アドバイス/助け合いはやめる」
分かっていない人間に理解させるより、分かっている人間が作業したほうが早い。問題点は「ここがよくない」とストレートに事実だけを伝える。

10.「会議をやめる」
時間の無駄。制作チーム同士の席を近くするだけで問題ない。

11.「報告書をやめる」
自分自身がプロジェクトの進行具合を知りたい担当者のところに、知りたいタイミングで歩いていけばいいだけ。

— 

11の「やめたこと」で実現した1000万ダウンロード突破【スマホ2011冬】 - デジタル - 日経トレンディネット

モノが小さいから出来る、というのはあるかも。

(via skoei)

そういった提案をする際に壁になることが多いのは、日本企業の組織構造ですね。Ad Innovatorの織田さんに海外の事例とか聞いていると、CMOと呼ばれるような肩書きの人がいて、マーケティングを全体で俯瞰してみているんですよね。日本ではネットのバイラルマーケティングの成功事例として知られる事例でも、実はネットだけでなく、テレビCMから新聞広告から、雑誌からビルボードまでターゲットが見るところには全部メッセージを出していたりします。当然、そこまで徹底的にやるから凄いクチコミを引き起こすんですね。重要なのはそういった組み合わせでやることだと思います。インターネットだけではそんなにいかなかったハズですよ。

— 

アジャイルメディア・ネットワークがもたらした日本のブログ維新 | エキサイト ウェブアド タイムス (via mitaimon)

ホリスティック。だって生活者はこちらの意図通りメディアに接触してくれはしないんだから。

(via shike)

ネット界の尊皇攘夷ってなんだろ

(via tnoma) (via gkojay)

アップルがすごかったのは、単に革新的な製品を出すだけでなく、その革新的な製品が活躍する場を広げていったところにある。ライフスタイルを変化させるためには、製品だけではなく、インフラでなければならない。iPodとiTunesの関係がわかりやすい。
 インフラを作るのは地味な仕事だ。「世界で初めてこの技術を搭載しました!」というのは派手でわかりやすいが、インフラにするためにはユーザーに続けて使ってもらうための工夫や活動の継続が必要となる。
 でも、世の中の「世界を変える仕事をしたい」という人の大半は、革新的であることにしか興味がない。「世界を変える」には、奇抜で新しい物を出すだけでなく、それを継続して維持し、インフラになることが重要なのに。

— いまさら『セカイカメラ』を振り返る : ARTIFACT ―人工事実― (via katoyuu)

kotoripiyopiyo:

darksilenceinsuburbia:

Villa Vals

Architects CMA and SeARCH were focusing on the question if it would be possible to conceal a house in an Alpine slope while still exploiting the wonderful views and allowing light to enter the building when planing the Villa Vals. They decided to build a central patio into the steep incline to create a large facade with considerable potential for window openings. The viewing angle from the building is slightly inclined, giving a dramatic view of the beautiful mountains on the opposite side of the narrow valley.

All images © Iwan Baan

丘陵に空いたホテル

1.「組織の細分化、階層化をやめる」
マネジャーが増えるということは、ゲームの作り手が一人減るということ。優秀な人間がマネジャーになるほど、アプリの制作力は低下する。

2.「職種別の目標設定をやめる」
プログラマー、企画など職種別に目標を設定すると、自分の担当部分しか見なくなる。評価はまずそのアプリの完成度に注目。その中で自分がどれだけ貢献したかというポイントに変更した。

3.「作業量の見積もりをやめる」
作業する本人が3日間徹夜で仕上げるつもりでも、上司はバッファを見て一週間と報告してくることが多い。どんどん仕事を依頼し、本人が「ここが限界」と自己申告すれば、そこまでにする「ギブアップ申告制」に変更。

4.「スケジュール管理をやめる」
スケジュールありきだと、だれもがクオリティーよりスケジュールを優先してしまう。スケジュール表をまとめただけで仕事をした気になってしまうのも問題。

5.「データ分析をやめる」
過去のデータを分析しても新しいアプリは生まれない。消去法でアプリを作成すると、センスのある人間の意見がつぶされてしまう。

6.「お客様のご意見どおりのアプリ変更はやめる」
お客様のご意見は、あくまでもアプリに問題があるかどうかのバロメーターとする。

7.「メンバーの教育はやめる」
優秀な人間を教育担当にするほどチームの制作力は低下する。

8.「承認はやめる」
「○○さんがいいと言ったので」という甘えを断ち切る。常に危機感のある状況にする。

9.「アドバイス/助け合いはやめる」
分かっていない人間に理解させるより、分かっている人間が作業したほうが早い。問題点は「ここがよくない」とストレートに事実だけを伝える。

10.「会議をやめる」
時間の無駄。制作チーム同士の席を近くするだけで問題ない。

11.「報告書をやめる」
自分自身がプロジェクトの進行具合を知りたい担当者のところに、知りたいタイミングで歩いていけばいいだけ。

— 

11の「やめたこと」で実現した1000万ダウンロード突破【スマホ2011冬】 - デジタル - 日経トレンディネット

モノが小さいから出来る、というのはあるかも。

(via skoei)

ゴールドマンサックスのリーダー養成担当であったスティーブ・カーという人が、「仕事に対するフィードバックが無いのはピンの見えないレーンでボーリングをやるようなものだ。結果を把握しないで仕事をしていると2 つのことが起こる。1つには上達しない。もう一つに、どうでもよくなる。」と言ったそうだ。深い。

— 派遣プログラマというお仕事は何によって評価されるのか? (via nagas) (via fileo, nagas-deactivated20120513) (via gkojax-text) (via kouyoujisi) (via layer13)

52 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/09/16(火) 03:43:44.25 ID:nAiZpFHB0.net

あれだよな、お互い思いやりが足りなさ過ぎるんだよな

嫁は嫁で「私は24時間休みがない、あなたは家に居るときはなにもしない!ひどい!」だし
旦那は旦那で「一日中家でゴロゴロしやがって、休日くらいゆっくりさせろ!」って

嫁は、旦那が休日だらしないのは普段外で戦って疲れてるからなんだって
それは誰でもない自分たち家族のためなんだって思うべきだし
旦那は、嫁は家事育児と休む間もなく働いているいつもご飯をありがとうって思うべき

— 娘が生まれたけど人生どうにもつらいwww (via tkr)

まあ、数学ができる奴はこういうのに騙されない
(i)嫌な仕事3年やってそこで成功する奴
(ii)嫌な仕事3年やってそこで失敗する奴
(iii)嫌な仕事3年やらずに辞め、他に転職して成功する奴
(iv)嫌な仕事3年やらずに辞め、さらに他に転職しても失敗する奴
実際は単純にこの4種類の人間が全部存在しているだけ
この本の著者はたまたま(iii)だっただけの事なのに、
さも人生の法則であるかのように一般論化して本を書いただけだ
常に場合分けして考える事が人生で重要、その為に数学を学ぶ

— 「嫌な仕事でもとりあえず3年続けなさい」は信じるな | ライフハックちゃんねる弐式 (via dominion525)

頭のいい「育て方」のコツ

■一度に一つだけ教える
 ・人間は一度に2つのことをやろうとすると混乱する
 ・練習道具も一つに絞る

■同じことを何度も言う
 ・同じことを三度繰り返して言わないと学習者には通じない

■セクションの区切りをハッキリさせる
 ・学習セクションは明確に区切らなければならない
 ・セクションの終わりに「まとめ」を入れる

■「問いかけ」で記憶を引っ張り出させる
 ・本当に覚えるためには、覚えたことを使ってみる
 ・「出題してもらって、答える」という経験が有効

■空白地帯で「疑問」を引き出す
 ・配布資料には適度に「空白部分」を入れる
 ・「空白部分はなんだろう?」という疑問を持つようになる
 ・疑問があると人はよく学習をするようになる

■情報を構造化する
 ・構造化のカギは「順番を考える」こと
 ・合理性のある順番の切り口は何かを考える

■ストーリーを組み立てる
 ・人はストーリーがあると情報をよく記憶する
 ・ストーリーができるように話の順番を組み立てる

■意味を思い出しやすい名前をつける
 ・ネーミングが悪いと、名前とその意味との関連付けに時間がかかってしまう

■対比をよく見せる
 ・対比して境界線を作れば、そこに意識が集中できる
 ・対比させるには、違いが一点に集中できるように配慮する

■安心感を演出する
 ・勉強中の学習者は不安なもの
 ・気楽な空間を作り出して、「恥をかく不安」を取り除く

— 頭のいい人だけが知っている「教え方」すごいのコツ | ブクペ (via golorih)

Older →